うーぬん4さいのルール

4才の息子のルールに翻弄される毎日をつづります。

幼児さんは読みきかせのとき、あらすじをバラしてしまう

寝床で息子たちに読み聞かせをしていました。

f:id:happyhappysan:20180407014640j:plain

f:id:happyhappysan:20180407014653j:plain

f:id:happyhappysan:20180407014706j:plain

f:id:happyhappysan:20180407014723j:plain

読み聞かせの時、必ずネタバレをしてしまう、次男うーぬん。

小学生のお兄ちゃんを毎晩、イラっとさせています。

 

保育園でも読み聞かせを聞いている幼児さんたち、黙ってないですもんね。

 

母的にはその行動が可愛くてグッっときますが、小学生からしたら迷惑行為のようです。

 

 

 

初めて文字が書けるようになった息子にもらった手紙

f:id:happyhappysan:20180407012517j:plain

f:id:happyhappysan:20180407012531j:plain

f:id:happyhappysan:20180407085310j:plain

f:id:happyhappysan:20180407085325j:plain

最後は母さんの曇った眼鏡にまで!

 

次男うーぬんには、文字を教えておらず、保育園でも文字はしないようなので

あいうえお表だけ壁に貼っていました。

 

文字に興味を持つ時期に自然に覚えるようで、

いつのまにか、自分で覚え、勝手に書くようになりました。

 

すると、書ける全ての場所にマーキングが始まりました!

お兄ちゃんの全教科書に、名前の上書き、、通知表にまで。

 

そして、すらすらっと、母宛に手紙を書いてくれたのにはビックリ。

その手紙がこれです!

 

f:id:happyhappysan:20180407013448j:plain

 

「むかし あかちゃんのとき おっぱいすって よかったよ」

さすがおっぱい星人うーぬんです。

はじめての手紙でおっぱいの思い出を書くなんて、粋なことをしてくれます。

 

さすがに小さい「っ」は全部抜けていたので、教えて付け足してもらいました。

 

仕事が忙しくて、ブログが途絶えてしまいましたが、生きています〜

というわけで、久々の投稿でした。

 

うーぬん2月で5歳になりました。

風船をもらった4歳息子が、嬉しくてお礼にとった行動とは、、

f:id:happyhappysan:20171128221443j:plain

f:id:happyhappysan:20171128221449j:plain

f:id:happyhappysan:20171128221453j:plain

f:id:happyhappysan:20171128221457j:plain

某イベントスペースへ、息子うーぬんと出かけた時のお話です。

 

母さん、お兄さん、びっくり、全く予測できない返せコンニャローでした。
イベントのお兄さんは思わず「返せコンニャロー」で
引っ張り合いとなりました。
いたずら坊主の冗談のわかるお兄さんで、笑い合って楽しげな引っ張り合いとなり、危機はまぬがれましたが、油断なりません。

 

優しい方で、最後は楽しそうに風船を引き渡してくれました。


お兄さんには、母はただただ平謝りです。
お兄さん、ほんとすいませんでした。

 

 

うーぬん、ちょっと贅沢な虫かごを製作中です。

f:id:happyhappysan:20171202175416j:plain

 今、ひそかなブームのコケリウム。

これにジブリがよく似合うんです。

 

これにうーぬんの獲ってきた虫もすんなりマッチ★

 

f:id:happyhappysan:20171202175652j:plain

今年中に、山でわんさか苔を採取してきてから

壁面に苔でロボット兵(ヤフオクで入手)を埋め込む予定。

 

仕事関係の方の間で流行っていて、私も少しの興味から、この世界にまんまとはまらされました。

 

仕事関係のツッチーさんのアクアリム。

f:id:happyhappysan:20171202174533j:plain

 

こちらは今お仕事させてもらってる先方さんのコケリウム

f:id:happyhappysan:20171202175820j:plain

こいつはヤバイです、、

 

春に上手くいけば生まれる予定のカマキリの卵、ベビーたちをここで出迎えたいと思います。

 

カマキリって生まれてくるとき、ドワーってくる感じですよね、、、(汗)

忙しくなりそうです。

 

【幼児子育て漫画ブログ 4歳児 男児子育て】

 

 

ブログランキングに参加しています】

よろしければクリックお願いします。☆(。・_・。 )


育児・幼児ランキングへ

 

 

天国からの手紙シリーズ

 

 

 

 

超絶アップする4歳のおそるべし身体能力(2)

 

【前回】

f:id:happyhappysan:20171111070624j:plain

【今回、続編です。】

f:id:happyhappysan:20171111075514j:plain

ずっとずっと昔、ムツゴロウの動物王国のテナガザルの

手に負えないイタズラ好きのナナちゃんがずっと飼いたくて

いつか猿を飼おうと夢みていました。

 

夢は想いつづけると叶うというけれど

それが叶いました。

 

現在、4歳後半、潮が静かにひいていくように、落ち着き始めてます。

 

 

おわり。

 

【幼児子育て漫画ブログ 4歳児 男児子育て】

 

 

ブログランキングに参加しています】

よろしければクリックお願いします。☆(。・_・。 )


育児・幼児ランキングへ

 

 

天国からの手紙シリーズ

 

 

 

 

超絶アップする4歳のおそるべし身体能力(1)

 

f:id:happyhappysan:20171104124005j:plain

f:id:happyhappysan:20171104124027j:plain

f:id:happyhappysan:20171104124102j:plain

こんな中途半端ですが、 なんと、つづくです、、、。

 

3歳から4歳になった時のうーぬんの爆発ぶりを、描いておきたいと思いました。

4歳〜4歳半くらいまでのハチャメチャさには相当手を焼きました。

2、3歳は大変というけれど、非力でなんでもなく通り過ぎましたが

4歳になり、理性はそのまま、自在に操縦できる身体能力だけ超絶UPしたために、

野生のサルを調教しているような、壮絶さになりました。 

 

【幼児男の子がサル化する可能性が高い条件】

次男

 

つづく。

ハロウィン

先週はハロウィンだったので、土日を使って山小屋キャンプに。

 

前週の台風で地盤がゆるんでおり、秋雨前線で土日は雨、雨、雨キャンプだっていうのに

同行する友人というのが、

前週に台風で暴風雨の最中、子どもたち4人を連れて、山深いところへ遠出する強者でしたので、「やめる?」と聞くだけ野暮な気がしたのであえて聞くこともなく、

山小屋なので何とかなる!ということで、決行。

f:id:happyhappysan:20171104140309p:plain

行ってみると山小屋の中は、かなり快適。

 

昨年はテント ↓

f:id:happyhappysan:20171104163247p:plain

今年は台風と雨が多いので山小屋で助かった

 

そして今年、山小屋の夜は、

f:id:happyhappysan:20171104143700j:plain

 小学生たちが、こんなかわいいデコ盛りを作ってくれました。

 

 

今回のキャンプ部は子ども5名様。

f:id:happyhappysan:20171104143758j:plain

昨年のキャンプから2名の子どもが、中学生になり退部しました。

中学生になるたびに、1人づつ減って行きます。

親と遊んでも面白くないよね、きっと。

さびしい〜、、、、、

f:id:happyhappysan:20171104144637j:plain

夕食のあとは、ゲーム会でうーぬん忍者猿が、楽屋でスタンバイ。

f:id:happyhappysan:20171104144747j:plain

 テンションが振り切れております。

 

f:id:happyhappysan:20171104144927j:plain

ハロウィンゲーム「ミイラゲーム」

ルール:トイレットペーパーで早くミイラを作った方が勝ち。

難易度:★★

盛り上がり度:★★★★★

盛り上がりポイント:トイレットペーパーを巻くのが意外に難しく、ちょっとした力加減で、すぐに切れてしまうので、焦って笑えて盛り上がりました。

f:id:happyhappysan:20171104155146j:plain

夜は、子ども達を寝かしつけてからは、大人の飲み会。

これが大人の目的でもあります。

f:id:happyhappysan:20171104163735p:plain

焚き火を囲んで、お酒飲んで、深夜まで語る会。

 

帰宅して、何かが足りない、何かをやり残した感がありました。

子ども達がかわいいデコ盛り料理を作ってくれたのは、嬉しかったのですが

昨年のゾンビカレーのような心を震わせるなにかがなかったのです↓

f:id:happyhappysan:20171104161115j:plain

 なので、当日の10/31平日、1人昼ご飯に、ひっそりと作ってみたのが

これ↓

f:id:happyhappysan:20171104161554j:plain

おわり。

 

【幼児子育て漫画ブログ 4歳児 男児子育て】

おしまい

 

ブログランキングに参加しています】

よろしければクリックお願いします。☆(。・_・。 )


育児・幼児ランキングへ

 

 

天国からの手紙シリーズ

 

 

 

 

愛のうざい母(2)

今日はお兄ちゃんのお話です。

f:id:happyhappysan:20171014004658j:plain

f:id:happyhappysan:20171014004701j:plain

f:id:happyhappysan:20171014004705j:plain

f:id:happyhappysan:20171014004709j:plain

これが THE 男子 。

娘なら、4コマ目は、ないですよね。

 

私の子供時代、兄と弟に挟まれて少年ジャンプで育ったので

男子に理解はあるほうですが、、

 

その前に、母、漫画にしてみると、やっぱりこれウザイでしょうかね( ˙ө˙)

うーぬんが小学生になったら、考えようと思います。

それまでは、ハグとチューをたくさんしておこうと思います。

 

 

 

運動の敏感期

保育園で年長クラスが縄跳びをしているのを見て、ずっと憧れていたうーぬん。

 

縄跳びがしたいそうなので、幼児さんにもできるように太いロープをあげました。。。

 

すると汗だくになって、リビングでずっと毎日跳んでいます。
朝起きた瞬間から、跳んでいます。

 

f:id:happyhappysan:20171014011028j:plain

 

思うように動くようになった4歳の体が面白くて、試しているようにも見えます。

 

モンテッソーリ教育でいうところの運動の敏感期のエネルギーなんでしょうか。

 

自分の意志どおりに自由に動けるようになろうと、随意筋運動の調整期がこの幼児期にあらわれるようです。


どんなに暑い日も寒い日も、おかまいなしに力を出し切ります。


このように人間が全力を出して惜しまないのは、一生に一度だけのこの幼児期だけなのだそうです。


この時期に思う存分動いた子供達は、運動が大好きになり、動かなかった子供は運動に対して消極的になるようです。


また後の人生でいざというときに、全力を出し切って挑戦できる力を蓄えるのだそうです。

 

幼児の運動のエネルギーを運動の敏感期と位置づけたモンテッソーリの本は、相良敦子さんの本がとても読みやすく書かれています。
モンテッソーリの本でいろんな著者の方をちらほら読んでみましたが、難しくて挫折しました。

 

 

 

【幼児子育て漫画ブログ 4歳児 男児子育て】

おしまい

 

ブログランキングに参加しています】

よろしければクリックお願いします。☆(。・_・。 )


育児・幼児ランキングへ

 

 

天国からの手紙シリーズ


 

 

 

 

広告を非表示にする

愛のうざい母(1)

 

f:id:happyhappysan:20171006235018j:plain

f:id:happyhappysan:20171006235021j:plain

f:id:happyhappysan:20171006235024j:plain

f:id:happyhappysan:20171006235028j:plain

保育園からお父ちゃん迎えで帰ってきた日は、真っ先に母にハグしてくれるうーぬんも

テレビがついていたり、お兄ちゃんがゲームをしていたりすると

全部そっちに持っていかれてしまいます。

 

うーぬんのハグを心待ちにしていた母は

なんとかうーぬんの心を取り戻そうと、うざくなります。

 

もっと余裕のある人になりたい、、、

 

保育園のお便り

 毎日、保育園に出すものに家庭からの連絡というものがあります。

 

それは、保育の一年一年の最後に思い出として、アルバムにしてプレゼントしてくれます。

 

それなら、家庭からの連絡に子育て記録を書こうと、始まったのがこれです。

f:id:happyhappysan:20171007001437j:plain

 

「あんな、僕ちゃん、お母さんのおまたから生まれた、おまたろうだよ。」

朝から、きわどい連絡をされる先生の心中お察しします。

 

最近、うーぬんは自分のことを「僕ちゃん」といいます。

たぶんスネ夫、、、

 

f:id:happyhappysan:20171007001725j:plain

 

うーぬんは、自分で朝ごはんのおにぎりを握る働く保育園児です。

母が作ったものが気に入らない時に、塩むすを握って腹の足しにしています。

 

これが転じて、ブログになりました。

初めはこの連絡に描いたものをスキャンしてまして、かなり雑なブログでしたが

描くなら、ちゃんと描いた方がいいと思い、

だんだん小マシになっていきました。 

うーぬんが夢中になった落語絵本

f:id:happyhappysan:20171007003840j:plain

NHK教育テレビで放送されていた「えほん寄席」が絵本とCDになっています。

「うなぎや」「時そば」「はつてんじん」「動物園」「蛇含草」の5作が収録。

 

これは絵本も良いのですが、付属の落語CDがすごいんです。

 

子供にわかりやすく、滑舌よく、ゆったりとした話し方の落語でとてもわかりやすいんです。

これは、長距離を車の中ですごさないといけない時に大活躍します!

夏休みはたくさんお出かけしましたので、欠かせないアイテムでした。

 

息子たちは、落語の魅力にすっかりはまってしまい、

話もすっかり暗記してしまったので、兄弟で掛け合いをしながら、すっかり落語家です。

そして、それが引き出しになり、そのネタを会話の中で使ってきます。

 

『はつてんじん』

f:id:happyhappysan:20171007004928j:plain

『うなぎや』

f:id:happyhappysan:20171007005346j:plain

『蛇含草』

f:id:happyhappysan:20171007005419j:plain

 

子供達の引き出しや知識を増やすのに、この子供用の落語、オススメです。

シリーズがたくさん出ています。

 

 

【幼児子育て漫画ブログ 4歳児 男児子育て】

おしまい

 

ブログランキングに参加しています】

よろしければクリックお願いします。☆(。・_・。 )


育児・幼児ランキングへ

 

 

天国からの手紙シリーズ


 

 

 

 

広告を非表示にする